売れる広告キャッチコピーの作り方と企業の事例と自分のサンプル

『売れる広告キャッチコピーの作り方と企業の事例と自分のサンプル』のサイトトップへ
 >  『キャッチコピーのコツ<考え方のコツ>』カテゴリー記事一覧へ
 >   >  宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで、考えることが大切です。

宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで、考えることが大切です。

スポンサードリンク

◆宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで、考えることが大切です。

キャッチコピーの事例集は、「言葉の短さの割に大きな効果」を強調して、事例集にインパクトを持たせている物が多く、あまり作り方の参考になりません。

しかし、実務上はインパクトのあるキャッチコピーの作り方を真似るよりも、販売システム全体をしっかり構築することのほうが大切です。
どういう流れで、キャッチコピーまでたどり着いたかを考えるのです。

あなたの目的を達成するために広告全体・販売計画全体を具体的にしっかり考えながら行えるキャッチコピーの作り方を習得しましょう。
これから紹介する、実用的な知識は、すぐに実務で役立ちます。

◆よく売れる広告キャッチコピーの3原則
商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の重要な3原則を以下に記します。
難しいことを考える暇のない方は、この原則に形式的に従って作っても良いです。
「正しいキャッチコピーの作り方」を学ぶことは、時間がかかることが多いですから。

1.優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
2.具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする。
3.見込客の考え方を想像しながら書く。

◆「よく売れる広告キャッチコピーの3原則」を解説していきます。

1.優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
まず、魅力的な条件のみを提示して、読者に注目させます。
その後、追加条件を出しながら実際の商品を紹介していくのが、一番反応が良い広告文章やキャッチコピーの作り方です。

どんなに素晴らしさをデータや論理やお客様の声で説明できる商品だとしても、興味を持ってもらわなくては、売ることができません。
「うますぎる話」に見えるほうが、より多くの人の注意をひくことが出来ます。

読者を「興味のない状態」から「疑っている状態」に変えた後で、データや論理を使って感情に訴えつつ説得していきましょう。
*ただ、当然限度はあります。

読者の種類によって限度は違うので、程度の違うキャッチコピーを試してみましょう。
しっかり分析ツールを使って、反応率を確かめれば、特定の層にふさわしいレベルが正確にわかるようになります。

2.具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする。
キャッチコピーに具体的な数字を使うことで、「画期的な」などの形容詞よりもはるかに明確かつ確実にあなたの商品の魅力が伝わります。

本物に見える実験データや販売データを提供すれば、さらに信用されます。
さらに言えば、主観的に約束したい数字でもある程度の効果はあります。

ただ、適当な数字を約束する人が増えている業界では、それなりに根拠を提示しないと信用してもらえません。

キャッチコピーの作り方のテクニックを使えば、目の前の商品は確実に売れます。
その知識を応用して、商品をしっかり作りこめば、次の商品を簡単に既存客に売れます。
次から次へと簡単に商品を売れるようになると、広告費を節約できるので、ビシネスが安定します。

3.見込客の考え方を想像しながら書く。
広告の反応率のデータを正確に取れるのが一番ですが、それは無理でも具体的に想像していくと、よりよい作り方にたどり着けます。
特定の個人の考え方を想像するのも大切ですし、全体の何割が特定の部分にどのように反応するかを考えるのも大切です。

また、データを取る前に、色々考えておくと、より役立つデータを取る方法をひらめき、得られたデータをより確実に有効活用する方法もひらめきます。

想定しうる限りの事実に基づいた想像の上で、購入者が最大になる作り方を考えていきましょう。
自分より賢い人相手にビジネスをするのか、自分を先生としてみてくれる人相手にビジネスをするのか、などと顧客層を考えなおすのが有効なこともあります。
他にも、ビジネスを発展させるために、考えることはたくさんあります。

そもそも広告商品が必要ない人には売ることはできませんし、まだ買うべき時期ではない人々もたくさんいるので、一回の広告で購入にいたるのは数パーセントで十分です。
高額少数販売の商品ならば、1%以下でもビジネスが成り立ちます。
逆にこの成約率で利益が出ないようなら、ビジネスモデルを考え直したほうがよいでしょう。

業界によっては、基本的な広告分の作り方に反する、特殊な配慮が必要な場合もあります。
ただ、「自分の業界独自のこと」を正しい販売戦略の障害にしないように気をつけましょう。
特殊な事情を見落とすのも問題ですが、特殊な事情にとらわれるのも問題です。

あなたが、どちらに偏っているかは、データで調査してみないとわかりません。
正確なノウハウと自分流のノウハウの反応率をデータを取って比べるのがよいでしょう。

◆キャッチコピーの作り方を商品作成に活かす。
広告商品の作成にも関わっている場合は、キャッチコピーの作り方の知識が見込客にとってほんとうに良い商品を作ることにも役立ちます。
商品の売りを決める際に重要な視点やアイディアを提供できるのです。

見込客にあった商品の魅力が「わかりやすく」「信頼できる形で」提示されれば商品は確実に売れます。商品が宣伝通りであれば、次回以降も購入する得意客がどんどん増えていきます。

◆キャッチコピーの作り方にとらわれないようにしましょう。
常連には、キャッチコピーの作り方のノウハウをあまり使わなくても良いです。
ただ、分かりやすく簡潔に得意客が望む情報と商品を提供し続ければ良いのです。
読み手の気持ちをよく理解して広告を書くことが大切です。
すでに興味関心がある人にとって、「興味関心を抱かすための文章」は余計です。
ただ、興味関心を持たせたい人も読む場合は、それ以外の人には読み飛ばしてもらえばよいので、しっかり「興味関心を抱かすための文章」を書くべきです。

スポンサードリンク

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

『売れる広告キャッチコピーの作り方と企業の事例と自分のサンプル』関連エントリー

◆商品がよく売れる広告キャッチコピーの作り方を知りたい方は、宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで考えましょう。 市販のキャッチコピーの事例集は「言葉の短さの割に大きな効果」を強調して、事例集にインパ...
◆商品がよく売れる広告キャッチコピーの作り方を知りたい方は、普段から、宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで、考えることが大切です。 市販のキャッチコピーの事例集は、「言葉の短さの割に大きな効果」を強...
キャッチコピーの作り方は、すでに効果が出ている実例をテンプレートとして使う方法が一番良いです。 その実例をアレンジする際には、あなたにとって一番大切な顧客層の考え方を明確に意識しましょう。 自分の伝え...
◆宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで、考えることが大切です。 キャッチコピーの事例集は、「言葉の短さの割に大きな効果」を強調して、事例集にインパクトを持たせている物が多く、あまり作り方の参考になり...
キャッチコピーの作り方を学ぶのに役立つ記事 を発見したので、引用した記事の作り方に従って 記事を作成しました。 キャッチコピーの作り方に興味のあるすべての 方に役立つ内容だと考えます。 東大・京大で一...
●キャッチコピーの作り方【無難は危険】● 今回は、『キャッチコピーの作り方【無難は危険】』というテーマの記事です キャッチコピーは、無難に作ろうとしてはいけません。 多くの人が無難に作っていますが。 ...
『キャッチコピーの作り方』のブログ成分解析 ブログ『キャッチコピーの作り方』の成分解析結果は以下の通りです ●『キャッチコピーの作り方』は、主に『キャッチコピー』と『参考』について書かれています ・『キャッチコピー』に関しては十分な情報があります ・このブログの管理人は『キャッチコピー』が非常に大好...
●イメージさせるキャッチコピー作り方最大のコツ● 今回は、『イメージさせるキャッチコピー作り方最大のコツ』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ お客様を動かすのは、イメージで...
●キャッチコピーの危険例【考え方を改めよう】● 今回は、『キャッチコピーの危険例【考え方を改めよう】』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ キャッチコピーの考え方の基本は、 ...
●キャッチコピーの考え方のコツ● 今回は、『キャッチコピーの考え方のコツ』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ 今回のキャッチコピーの考え方のコツは、 『言葉の量』 について...
『宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで、考えることが大切です。』関連エントリー記事

◆商品がよく売れる広告キャッチコピーの作り方を知りたい方は、宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで考えましょう。

市販のキャッチコピーの事例集は「言葉の短さの割に大きな効果」を強調して、事例集にインパクトを持たせている物が多く、あまり作り方の参考になりません。天才的なキャッチコピーやたまたま話題になっただけのまぐれキャッチコピーも作り方の参考にはなりません。こういう事例集は面白いですが、正しい考え方や作り方を知らないと新しいキャッチコピーをひらめくヒントにできません。

実務上はインパクトのある面白いキャッチコピーの作り方を真似るよりも、販売システム全体をしっかり構築することのほうが大切です。「すごいキャッチコピーを作ること」が目標なのではなく、あくまで商品を必要な人に売るためのものだということを忘れないで下さい。どんな人がどういう流れで、キャッチコピーまでたどり着いたかを考えて、キャッチコピーを見た後の顧客の反応も予測するのです。

あなたやあなたの企業の販売目的を達成するために広告全体・販売計画全体を具体的にしっかり考えながら行える、本当に役立つキャッチコピーの作り方を習得しましょう。これから紹介する、実用的な知識は、すぐに実務で役立ちますので、楽しみにしていてください。今回の記事からでも作り方について本格的な考察を行えるはずです。コメント欄に投稿してください。質問も受け付けます。

◆商品がよく売れる広告キャッチコピーの作り方を知りたい方は、普段から、宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで、考えることが大切です。

市販のキャッチコピーの事例集は、「言葉の短さの割に大きな効果」を強調して、事例集にインパクトを持たせている物が多く、あまり作り方の参考になりません。こういう事例集は面白いし、新しいキャッチコピーをひらめくヒントにもなります。

しかし、実務上はインパクトのある面白いキャッチコピーの作り方を真似るよりも、販売システム全体をしっかり構築することのほうが大切です。どういう流れで、キャッチコピーまでたどり着いたかを考えて、キャッチコピーを見た後の顧客の反応も予測するのです。

あなたや企業の販売目的を達成するために広告全体・販売計画全体を具体的にしっかり考えながら行えるキャッチコピーの作り方を習得しましょう。これから紹介する、実用的な知識は、すぐに実務で役立ちますので、楽しみにしていてください。


 >   >  『宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで、考えることが大切です。』のページ上部へ↑
 >  『キャッチコピーのコツ<考え方のコツ>』カテゴリー記事一覧へ
『売れる広告キャッチコピーの作り方と企業の事例と自分のサンプル』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • 売れる言葉に興味がありますね?
    アクセス解析をチェックして、今後のブログの運営方針を決めましょう。売れる言葉に興味が有るようですね。やっぱりキャッチフレーズを作っただけでは意味ないですからね。商品を売らないと!商品が売れるキャッチフ...
カテゴリーから探す
最近の記事から探す
  • キャッチコピーの具体例やサンプルを求める方が多いのですね
    当ブログにご訪問いただいている方が関心を持っているキーワードをランキングにしてみました。数値は左から順番に、「キーワードの検索数」「そのキーワードで検索した方がご覧になる平均のページ数」「そのキーワー...
  • 本格的な作り方を紹介していきます。
    ◆商品がよく売れる広告キャッチコピーの作り方を知りたい方は、宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで考えましょう。 市販のキャッチコピーの事例集は「言葉の短さの割に大きな効果」を強調して、事例集にインパ...
  • 相互リンク希望者の方へ
    当ブログでは、広告やキャッチコピーの作り方などに関するWEBサイトとの相互リンクを行なっています。内容やキーワードに類似性のあるサイトを主に募集していますが、どのようなサイトでも歓迎いたします。現在、...
  • マーケティング全体を学びたい方は
    売れる広告キャッチコピーの作り方を超えて、マーケティング全体を学びたい方は、和佐大輔と原田翔太の最強プロモーター育成講座・夢割引【創造的破壊プロジェクト】をご検討ください。売れる広告キャッチコピーの作...