売れる広告キャッチコピーの作り方と企業の事例と自分のサンプル

『売れる広告キャッチコピーの作り方と企業の事例と自分のサンプル』のサイトトップへ
 >  『キャッチコピーのコツ<考え方のコツ>』カテゴリー記事一覧へ
 >   >  キャッチコピーの作り方を学ぶのに役立つ記事

キャッチコピーの作り方を学ぶのに役立つ記事

スポンサードリンク

キャッチコピーの作り方を学ぶのに役立つ記事
を発見したので、引用した記事の作り方に従って
記事を作成しました。

キャッチコピーの作り方に興味のあるすべての
方に役立つ内容だと考えます。

東大・京大で一番読まれた本
FROM:寺本隆裕

「もっと若い時に読んでいれば、、、そう思わずにはいられませんでした」

日本における年間の新刊発行点数が8万点を超えている中、お茶の水女子大名誉教授で英文学者外山滋比古氏の「思考の整理学」(ちくま文庫)という本が「発売23年目にして100万部を突破した」というニュースが、yahooニュースで紹介されていました。

この本は、発売されてからの20年で累計17万部のロングセラーだったのですが、ラストスパートの勢いがすさまじく、3年でプラス83万部以上が売れて、100万部の大ヒットになったそうなのです。

ここまで急激に大ヒットするきっかけとなったのは、テレビで紹介されたからでも、誰か有名人が雑誌でおすすめしていたからでもありません。

そのきっかけとは、ほとんどコストもかからず、もちろん、あなたの商品やサービスを大ヒットさせるためにも使えるものです。

そして、意図的に、簡単に使える方法です。

その方法とは、、、

「キャッチコピー」を変えること。
この本の最初のブレイクのきっかけは、「もっと若い時に読んでいれば、、、そう思わずにはいられませんでした」というキャッチコピー。ある書店の販売員が、POPに手書きでこう書いてお勧めしたところ、中高年を中心に読まれるようになりました。それを知った出版社が、同じコピーを「帯」につけたところ、1年半後には累計51万5000部に到達したのです。

その後再加速のきっかけとなったのが、2つ目のキャッチコピー。この本が東大・京大の生協の書籍販売総合ランキング1位を獲得したことを受け、「東大・京大で一番読まれた本」というコピーで再度プロモーションをかけたところ再ブレイクし、100万部を突破した、というのです。

キャッチコピーの持つパワー
 もちろん、本の中身が優れていなければここまでの大ヒットにはならなかったでしょうが、同時に、キャッチコピーの持つパワーを使わなかったとしたなら、ここまでの大ヒットにはならなかったでしょう。

 この例でわかるように、キャッチコピー(=ヘッドライン)を変えるということは、時間も手間もお金もかからない、一番簡単なセールス改善のテクニックなのです。

 レスポンスの読者であるあなたなら、このような「キャッチコピー(=ヘッドライン)の持つパワー」については十分知っていることだと思いますが、これはずっと繰り返しレビューする価値のある重要なものなので、少し考えてみたいと思います。

キャッチコピー・再入門
「キャッチコピーの目的とは何だったでしょう?」

 売っている商品をアピールすること?メリットを伝えること?

 いいえ、違います。キャッチコピーの目的とは、

「注意をひき、次の文章を読ませること」
です。キャッチコピーで商品のベネフィットをアピールして「売って」もいいのですが、それ以上に重要なのは、注意を引く事です(本の場合は、手にとってもらうこと)。ベネフィットをアピールして効果が出るのは、それをすること自体が、注意を引くことにつながる場合です。

例えば、その「売り込み」が待ち焦がれられているような場合。例えば今だったら、「新型インフルエンザの予防接種受付開始!」とか、追加の販売が待ち望まれているような場合です(バックエンド販売など)。こういう場合は、ベネフィット中心のキャッチコピーでも効果が出ます。

 でもそうでない場合は、キャッチコピーで「売る」ことではなく、どうやって注意を引くか、ということを一番に考えないといけません。たとえばこの本の2つのヘッドライン、

 「東大・京大で一番読まれた本」
 「もっと若い時に読んでいれば、、、そう思わずにはいられませんでした」

というのを見てもわかるように、本を読んで得られる具体的なベネフィットは何も書いてません。なぜなら本の帯やPOPのコピーの目的は、本を手にとってもらえるよう、注意を引くことだからです。

 僕たちも、僕たちの見込み客も、日々大量の売り込みメッセージにさらされています。本屋だけを考えてみても、何万冊もの本が、買ってもらおうと、手に取ってもらおうと、必死にメッセージを投げかけてきます(本のタイトルとか帯とか、、、)。インターネット上の広告やセールスレターも同様です。「情報過多」「広告過多」の状態です。

 そんな中で、直接的に「売り込み」をしてくるようなキャッチコピーが、どれくらい効果的にはたらいてくれるでしょうか?あまり期待はできなさそうですね。

では、効果的なキャッチコピーにはどんなものがあるのか、僕の持っている秘密のリソースから、いくつかをシェアしましょう。

1.とにかく気になるようにする

例:「あなたのお子さんに、ケンカのチャンスをあげましょう」

僕自身、このヘッドラインを見たとき、続きが読みたくなりました。ケンカのチャンス??何だそれ??普通、いらないものだけど。。。という興味です。気になります。「お子さん」というところで、ターゲット(読み手)の特定もできていますね。何の広告かは全然わかりませんが、とにかく注意はひけています。

2.広告の本文に、強制的に読み手を流し込む

 例:「パソコンを買うのに困ってるなら、これが助けになるでしょう」

 「これが」という部分が、広告本文に役立つ情報があるということを暗示させ、続きを読ませるモチベーションを高めています。このあと、どんな内容につながるでしょう?パソコン教室?電機屋?本?

3.質問

 例:「あなたは知らないうちに、自分の会社の売上を半分にしていませんか?」
   「あなたは、あなた一人しか家にいない場合でも、トイレのドアを閉めますか?」
 
 このような、読み手の個人的な興味や関心を元にした質問形式のヘッドラインは、うまくいくパターンが多いです。

4.お客の声

 例:「もっと若い時に読んでいれば、、、そう思わずにはいられませんでした」

 実際、これは書店の店員がつけたコピーなので、お客の声とは言えないのかもしれませんが、つまり第三者的な立場からベネフィットを暗示するパターンです。ちなみにこれは、「こうしておけばよかった・・・」という、誰もが持っている「後悔」の感情を刺激しています。

5.信頼性の高いキーワードを入れる

 例:「医者が選ぶ名医」「東大・京大で一番読まれた本」

 広告で「売る」ためには、「信頼」してもらう必要があります。「医者」「東大・京大」というキーワードは、きわめて信頼性が高いです。

などなど。

もし、あなたの広告やセールスレターなどのキャッチコピーが、「ベネフィット」中心のものなら、今日の記事をヒントに、いろいろと変えて試してみてください。

特にそれが「外部媒体に広告を出して売る」ような、フロントエンド商品やリード・ジェネレーションの広告なら、成約率がアップする可能性が高いです。簡単なキャッチコピーの変更だけで、100万部の大ヒットにつながるかも...

この記事は、
ダイレクト出版より、無料メールマガジン「ザ・レスポンス」によって提供されています。無料メールマガジンの購読は、上記のパーツから。

スポンサードリンク

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

『売れる広告キャッチコピーの作り方と企業の事例と自分のサンプル』関連エントリー

◆商品がよく売れる広告キャッチコピーの作り方を知りたい方は、宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで考えましょう。 市販のキャッチコピーの事例集は「言葉の短さの割に大きな効果」を強調して、事例集にインパ...
◆商品がよく売れる広告キャッチコピーの作り方を知りたい方は、普段から、宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで、考えることが大切です。 市販のキャッチコピーの事例集は、「言葉の短さの割に大きな効果」を強...
キャッチコピーの作り方は、すでに効果が出ている実例をテンプレートとして使う方法が一番良いです。 その実例をアレンジする際には、あなたにとって一番大切な顧客層の考え方を明確に意識しましょう。 自分の伝え...
◆宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで、考えることが大切です。 キャッチコピーの事例集は、「言葉の短さの割に大きな効果」を強調して、事例集にインパクトを持たせている物が多く、あまり作り方の参考になり...
キャッチコピーの作り方を学ぶのに役立つ記事 を発見したので、引用した記事の作り方に従って 記事を作成しました。 キャッチコピーの作り方に興味のあるすべての 方に役立つ内容だと考えます。 東大・京大で一...
●キャッチコピーの作り方【無難は危険】● 今回は、『キャッチコピーの作り方【無難は危険】』というテーマの記事です キャッチコピーは、無難に作ろうとしてはいけません。 多くの人が無難に作っていますが。 ...
『キャッチコピーの作り方』のブログ成分解析 ブログ『キャッチコピーの作り方』の成分解析結果は以下の通りです ●『キャッチコピーの作り方』は、主に『キャッチコピー』と『参考』について書かれています ・『キャッチコピー』に関しては十分な情報があります ・このブログの管理人は『キャッチコピー』が非常に大好...
●イメージさせるキャッチコピー作り方最大のコツ● 今回は、『イメージさせるキャッチコピー作り方最大のコツ』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ お客様を動かすのは、イメージで...
●キャッチコピーの危険例【考え方を改めよう】● 今回は、『キャッチコピーの危険例【考え方を改めよう】』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ キャッチコピーの考え方の基本は、 ...
●キャッチコピーの考え方のコツ● 今回は、『キャッチコピーの考え方のコツ』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ 今回のキャッチコピーの考え方のコツは、 『言葉の量』 について...
『キャッチコピーの作り方を学ぶのに役立つ記事』関連エントリー記事

◆商品がよく売れる広告キャッチコピーの作り方を知りたい方は、宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで考えましょう。

市販のキャッチコピーの事例集は「言葉の短さの割に大きな効果」を強調して、事例集にインパクトを持たせている物が多く、あまり作り方の参考になりません。天才的なキャッチコピーやたまたま話題になっただけのまぐれキャッチコピーも作り方の参考にはなりません。こういう事例集は面白いですが、正しい考え方や作り方を知らないと新しいキャッチコピーをひらめくヒントにできません。

実務上はインパクトのある面白いキャッチコピーの作り方を真似るよりも、販売システム全体をしっかり構築することのほうが大切です。「すごいキャッチコピーを作ること」が目標なのではなく、あくまで商品を必要な人に売るためのものだということを忘れないで下さい。どんな人がどういう流れで、キャッチコピーまでたどり着いたかを考えて、キャッチコピーを見た後の顧客の反応も予測するのです。

あなたやあなたの企業の販売目的を達成するために広告全体・販売計画全体を具体的にしっかり考えながら行える、本当に役立つキャッチコピーの作り方を習得しましょう。これから紹介する、実用的な知識は、すぐに実務で役立ちますので、楽しみにしていてください。今回の記事からでも作り方について本格的な考察を行えるはずです。コメント欄に投稿してください。質問も受け付けます。

◆商品がよく売れる広告キャッチコピーの作り方を知りたい方は、普段から、宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで、考えることが大切です。

市販のキャッチコピーの事例集は、「言葉の短さの割に大きな効果」を強調して、事例集にインパクトを持たせている物が多く、あまり作り方の参考になりません。こういう事例集は面白いし、新しいキャッチコピーをひらめくヒントにもなります。

しかし、実務上はインパクトのある面白いキャッチコピーの作り方を真似るよりも、販売システム全体をしっかり構築することのほうが大切です。どういう流れで、キャッチコピーまでたどり着いたかを考えて、キャッチコピーを見た後の顧客の反応も予測するのです。

あなたや企業の販売目的を達成するために広告全体・販売計画全体を具体的にしっかり考えながら行えるキャッチコピーの作り方を習得しましょう。これから紹介する、実用的な知識は、すぐに実務で役立ちますので、楽しみにしていてください。


 >   >  『キャッチコピーの作り方を学ぶのに役立つ記事』のページ上部へ↑
 >  『キャッチコピーのコツ<考え方のコツ>』カテゴリー記事一覧へ
『売れる広告キャッチコピーの作り方と企業の事例と自分のサンプル』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • 売れる言葉に興味がありますね?
    アクセス解析をチェックして、今後のブログの運営方針を決めましょう。売れる言葉に興味が有るようですね。やっぱりキャッチフレーズを作っただけでは意味ないですからね。商品を売らないと!商品が売れるキャッチフ...
カテゴリーから探す
最近の記事から探す
  • キャッチコピーの具体例やサンプルを求める方が多いのですね
    当ブログにご訪問いただいている方が関心を持っているキーワードをランキングにしてみました。数値は左から順番に、「キーワードの検索数」「そのキーワードで検索した方がご覧になる平均のページ数」「そのキーワー...
  • 本格的な作り方を紹介していきます。
    ◆商品がよく売れる広告キャッチコピーの作り方を知りたい方は、宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで考えましょう。 市販のキャッチコピーの事例集は「言葉の短さの割に大きな効果」を強調して、事例集にインパ...
  • 相互リンク希望者の方へ
    当ブログでは、広告やキャッチコピーの作り方などに関するWEBサイトとの相互リンクを行なっています。内容やキーワードに類似性のあるサイトを主に募集していますが、どのようなサイトでも歓迎いたします。現在、...
  • マーケティング全体を学びたい方は
    売れる広告キャッチコピーの作り方を超えて、マーケティング全体を学びたい方は、和佐大輔と原田翔太の最強プロモーター育成講座・夢割引【創造的破壊プロジェクト】をご検討ください。売れる広告キャッチコピーの作...