売れる広告キャッチコピーの作り方と企業の事例と自分のサンプル

『売れる広告キャッチコピーの作り方と企業の事例と自分のサンプル』のサイトトップへ
 >  『売れる企業広告キャッチコピーの作り方』カテゴリー記事一覧へ
 >   >  売れる言葉

売れる言葉

スポンサードリンク

売れるキャッチコピーの売れる言葉●今回は、『売れるキャッチコピーの売れる言葉』というテーマの記事です。★興味のある方は読み進めてください!↓

売れるキャッチコピーを書くためには何が必要か?書き手の能力ではない。必要なのは、売れる言葉だどんな人が書いても、売れる言葉が入っていれば、ある程度は売れるキャッチコピーができる。売れるキャッチコピーというのは非常に短いことが多い。そのため売れるキャッチコピーにおいては、一つ一つの単語がキャッチコピー全体に占める割合が大きい。

売れるキャッチコピーの成果を、一つ一つの単語がかなりの割合で左右する。だから、売れるキャッチコピーつくりは、「売れる言葉の並べ替え作業」といえるもちろん、売れる言葉だけでキャッチコピーを作るわけではないが。売れるキャッチコピーを書きたいのなら、まずは売れる言葉を学ぼう。

売れる言葉は限られている」もちろん、誰もが想定しなかったような売れる言葉もあるかもしれない。しかし、はじめからそんなものを狙う必要はない。「安い」というより「激安!」といったほうが、売れるキャッチコピーになる可能性は高い。「おいしい」というより「口の中でとろける」といったほうが売れるキャッチコピーになる可能性は高い。「小さい」というより「あれっ、と驚くサイズ」といったほうが売れるキャッチコピーになる可能性は高い。「種類が豊富」というより「なんと105種類も!」といったほうが売れるキャッチコピーになる可能性は高い。


売れる言葉とは、聞いたお客が商品を欲しいと思わされる言葉だ。しかしその前に、商品に興味をもたせる事が大切だ。本当に売れる言葉には、興味をもたせる力と売る力の両方が備わっている。広告やセールスレターの中に売れる言葉をたくさん盛り込んでビジネスを成功させよう。


自分も日常生活では一人のお客だ。日常生活の中で、欲しいと思わされた言葉があればそれを使ってみよう。それは売れる言葉である可能性が高い。売れるキャッチコピーは日常生活の中にあふれている。特に買い物に行くと多く出会う。そこでは売れるキャッチコピーがひしめき合っている。売れないキャッチコピーもたくさんあるが…


どちらにしろ、キャッチコピーを見るたびに、単語に分解して「売れる言葉・売れない言葉」に分けてみよう。そうすれば売れるキャッチコピーを書く力が磨かれる。自分の手持ちの売れる言葉を並び替えるだけで、売れるキャッチコピーを作れるようになるのだ。

●売れるキャッチコピーの売れる言葉 ポイント●
売れるキャッチコピーを書くために、大量の売れる言葉をインプットしよう
●売れるキャッチコピーの売れる言葉 ポイント 終●

●売れるキャッチコピーの売れる言葉 完●


『売れるキャッチコピーの売れる言葉』の関連記事が表示されています↓↓
(『売れるキャッチコピーの売れる言葉』は、他の記事と関連付けて読むことで、さらに価値を増します。『売れるキャッチコピーの売れる言葉』だけで理解できなかった内容が理解できることもあるはずです。ぜひ、時間に余裕がありましたら、目を通してください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。


次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。

スポンサードリンク

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

『売れる広告キャッチコピーの作り方と企業の事例と自分のサンプル』関連エントリー

●企業向け商品の広告キャッチコピーの作り方 広告キャッチコピーの作り方を考える前に 商品のネーミングを考える必要があります。 ネーミングをするさいにもキャッチコピーの 作り方ノウハウが参考になります。...
●キャッチコピーの作り方【無難は危険】● 今回は、『キャッチコピーの作り方【無難は危険】』というテーマの記事です キャッチコピーは、無難に作ろうとしてはいけません。 多くの人が無難に作っていますが。 ...
●キャッチコピーの作り方【無難は危険】● 今回は、『キャッチコピーの作り方【無難は危険】』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ キャッチコピーは、無難に作ろうとしてはいけませ...
●売れるキャッチコピーの作り方【インパクト!】● 今回は、『売れるキャッチコピーの作り方【インパクト!】』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ 売れるキャッチコピーに必要なの...
●売れるキャッチコピーの売れる言葉●今回は、『売れるキャッチコピーの売れる言葉』というテーマの記事です。★興味のある方は読み進めてください!↓ 売れるキャッチコピーを書くためには何が必要か?書き手の能...
●売れるキャッチコピーの作り方【構成の3】● 今回は、『売れるキャッチコピーの作り方【構成の3】』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ 売れるキャッチコピーの構成はどうするか...
『売れる言葉』関連エントリー記事

●企業向け商品の広告キャッチコピーの作り方
広告キャッチコピーの作り方を考える前に
商品のネーミングを考える必要があります。

ネーミングをするさいにもキャッチコピーの
作り方ノウハウが参考になります。
・ターゲットに最もなじみのある言葉を使うこと
・ゴロがよく、音読した時の印象もよいこと。
略称がこの条件を満たすのもあり。
・持たせたい印象、イメージを確実に持たせることが出来る

ネーミングをするときも、キャッチコピーの作り方
を応用しておなじみの言葉をもじるとよい。
最新の流行語はかなり反応がいい。
ターゲットによっては懐かしい言葉の反応が良い。

ダジャレを使う。
おやじギャグもネーミングやキャッチコピーにおいては、
どの世代にでも通用します。

ユーモアセンスも大切。
ターゲットに合わせたユーモアのセンスを使って
ネーミング、広告キャッチコピーを作りましょう。

ターゲットによってはブラックユーモアも使える。
若い男性には好きな人が多いですね。

情報商材のネーミングは短いと中身を想像させられ
ないのでキャッチコピーの作り方を使う。
ネーミングを簡潔にして常に広告キャッチコピー
を頭につける方法もよい。
短いネーミングのほうが印象には残る。

続く

キャッチコピーの作り方【無難は危険】●



今回は、『キャッチコピーの作り方【無難は危険】』というテーマの記事です



キャッチコピーは、無難に作ろうとしてはいけません。
多くの人が無難に作っていますが。



ほぼ確実に、ダメなキャッチコピーができてしまいます。
中途半端に、キャッチコピーの研究を行っていると、
日常生活で頻繁に見かける定番のキャッチコピーが
思い浮かんでしまいます。
その定番こそが無難なものなのです。



そんな言葉は、全然売れる言葉ではないので、
使用してはいけません。
「これはすごい!」「なんて面白いんだ!」と思ってしまうキャッチコピーを
見つけたなら真似してもよいです。



例えば、
『ものすごくおいしい、ケーキです』
なんていうキャッチコピーをつけたら、
それほど売り上げアップは望めないでしょう。



ありきたりすぎて何の魅力もありません。
人間が記憶しない情報です。
そんなキャッチコピーを見たことなど一生涯思い出すことはないでしょう。



キャッチコピーの作り方を学ぶために多くのキャッチコピーを
見るのはいいのですが、一番よく見られるタイプのキャッチコピーを
真似するというのはあまりよくありません。



先ほども言ったとおり、本当に無難なキャッチコピーになってしまい、
訴求力が全く感じられません。
日常生活で、よく聞く言葉の一つとして簡単に処理されてしまうのですね



もっと刺激的な言葉を使ってキャッチコピーの作り方をしましょう
そうしないと、無難に失敗してしまいます。
無難に失敗。
あまりに悲しすぎます。



そうならないためには、



『どんな言葉がありきたりなのか?』



これを勉強することを日常生活でのキャッチコピーチェックに
付け加えるとますますいいですね。
常に『この言葉はありきたりなものではないか?』
と考えることが大切になります。



●キャッチコピーの作り方【無難は危険】 ポイント●



キャッチコピーの作り方では、
『無難な言葉を使いすぎないように』
注意しましょう



●キャッチコピーの作り方【無難は危険】 ポイント 終●

●キャッチコピーの作り方【無難は危険】 完●



『キャッチコピーの作り方【無難は危険】』の関連記事が表示されています↓↓
(『キャッチコピーの作り方【無難は危険】』は、他の記事と関連付けて読むことで、さらに価値を増します。『キャッチコピーの作り方【無難は危険】』だけで理解できなかった内容が理解できることもあるはずです。ぜひ、時間に余裕がありましたら、目を通してください。)



今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。
ぜひ、またご来訪ください。



次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


 >   >  『売れる言葉』のページ上部へ↑
 >  『売れる企業広告キャッチコピーの作り方』カテゴリー記事一覧へ
『売れる広告キャッチコピーの作り方と企業の事例と自分のサンプル』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • 売れる言葉に興味がありますね?
    アクセス解析をチェックして、今後のブログの運営方針を決めましょう。売れる言葉に興味が有るようですね。やっぱりキャッチフレーズを作っただけでは意味ないですからね。商品を売らないと!商品が売れるキャッチフ...
カテゴリーから探す
最近の記事から探す
  • キャッチコピーの具体例やサンプルを求める方が多いのですね
    当ブログにご訪問いただいている方が関心を持っているキーワードをランキングにしてみました。数値は左から順番に、「キーワードの検索数」「そのキーワードで検索した方がご覧になる平均のページ数」「そのキーワー...
  • 本格的な作り方を紹介していきます。
    ◆商品がよく売れる広告キャッチコピーの作り方を知りたい方は、宣伝文全体のみならず、販売計画全体まで考えましょう。 市販のキャッチコピーの事例集は「言葉の短さの割に大きな効果」を強調して、事例集にインパ...
  • 相互リンク希望者の方へ
    当ブログでは、広告やキャッチコピーの作り方などに関するWEBサイトとの相互リンクを行なっています。内容やキーワードに類似性のあるサイトを主に募集していますが、どのようなサイトでも歓迎いたします。現在、...
  • マーケティング全体を学びたい方は
    売れる広告キャッチコピーの作り方を超えて、マーケティング全体を学びたい方は、和佐大輔と原田翔太の最強プロモーター育成講座・夢割引【創造的破壊プロジェクト】をご検討ください。売れる広告キャッチコピーの作...